アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

家を購入する場合に、キャッシュなどの即金で支払うよりも、何年か何十年かのローンで支払う人も多く存在しています。
その際、不動産を抵当に入れた上で、ローンを開始する場合があります。
しかし、会社のリストラにあったりなど、主な収入源の見込みがなくなり、ローンの返済が滞ってしまうケースなどもあります。
そうすると、抵当に入れていたものは、競売物件として売却される事になります。
その前段階として、強制的な競売などの形ではなく、債権者と債務者の間の任意での売却を進める事がありますが、これを任意売却と呼んでいます。
但し、いくつかの条件を満たした場合に実施できる事なので、それらを満たしている状況、お互いの状況なども必要になります。

不動産の任意売却に関する価格の傾向を探る


任意売却における不動産の価格の傾向としては、競売物件などと比較すると、価格は高くなりますので、競売を選ばない任意での売却を選択する場合も出てくる訳です。
しかし、中古物件の場合には、何らかの形でそれを使用していた訳ですから、その物件の状態なども査定する必要があり、査定によっては、予想していた価格よりも安くなる場合もあります。
また、所在している場所の立地条件が、駅に近かったり、人々の利便性の高いものである場合には、買い手がつき易い事もあり、高い価格での取り引きが行われるケースもあります。
その辺りは、買い手との交渉次第になる場合もありますので、正確な数字というのは、取扱い業者に確認をする方が無難です。
債権者との話し合いも含めて、内容を十分に確認する事が大切です。

不動産の任意売却の変遷を知る


不動産の任意売却の変遷としては、やはりこれに関する国の法律が制定された事が始まりとなります。
しかし、実質的には、この言葉が世間一般によく使用される様になったのは、最近になってからの事です。
デフレが長期化して、マンションや家などが余り売れなくなってしまった背景があります。
購入した時の価格よりも大幅な安値となる状態は、現在でも続いているため、ローン返済ができなくなった人たちが、家や土地を手放さなければならないこの様な状況が未だに見られる結果となっています。
国内の経済を活発にしようとする国の政策なども見られますが、まだまだ先行きは不透明なため、債権者及び債務者間での任意の土地家屋の売却を行うケースがまだ続く可能性を秘めています。

オススメリンク

強力なサポート役

マンションやアパートの管理会社はとても便利です。投資のためにマンションやアパートを購入するのですから、当然の事…Read more

不動産投資にも有効

様々な不動産投資が現在ではあります。不動産投資というとマイナスのイメージを想像される方もいるはずです。しかしな…Read more

関連リンク